白い歯は差し歯で実現できます

憧れの白い歯を実現するために差し歯による審美治療をおすすめします。歯が黄色や茶色だと周りに不潔な印象を与えてしまい、仕事の成績に影響することも考えられます。歯を白くすることは究極の美容整形と言えるもので、見た目のイメージを一気に変えることが可能です。

保険外の差し歯なら治療における制約が少なく、思い通りの口元を手に入れることができるでしょう。

保険外の治療をおすすめする理由

歯を白くするためには歯石除去やクリーニングが役立ちますが、本来の歯を超えて白くすることはできません。そこで役立つのが差し歯であり、白さにこだわるなら保険外の治療がおすすめです。保険内の差し歯だと使える素材が限られてきますし、適用となる歯にも制限があります。

歯をすべて白くするなら、選択肢は必然的に保険外治療になるでしょう。歯が黄色・茶色で悩んでいる、歯の形状にコンプレックスがあるなどの悩みを短期間で解決できます。せっかく歯を白くするからには歯の形状・歯並びにもこだわる必要があります。

これらの悩みをまとめて解決できるのが保険外の差し歯なのです。白い歯に変えるメリットは絶大で、口元の美しさを引き出すことができます。実際に審美歯科で治療を受けた方は、自分に自信を持てるようになった、人前で堂々と笑顔になれるようになった、営業の成績がアップしたなどと高評価しています。

保険外の差し歯は透明感のある歯を実現でき、くすみを抑えることで光の透過率が高くなります。明るい場所・暗い場所を問わずに審美性を引き出せるのがメリットです。

オールセラミックで白い歯を実現する

保険外の差し歯の代表格とも言えるのがオールセラミックで、見た目が天然歯のように仕上がります。強度はそれほど高くないので、前歯に使用されることが多いです。白い歯にするメリットには審美性のほか、金属アレルギーの心配がないことがあります。

金属歯は口を開けたときに見えてしまいますし、長年の使用により金属が少しずつ溶け出してきます。原因不明の不調が続くときは、金属アレルギーが関係しているケースが少なくありません。そのため金属歯を入れている方が、オールセラミックなどの白い歯に変えるケースが増えています。

オールセラミックは白さだけでなく歯並びを整える手段としても活用されています。歯並びを変える手段といえば歯列矯正がありますが、非常に長期間を要するのが欠点です。オールセラミックなら短期間で理想の口元に変えることができるので、忙しい方が利用するケースが急増しています。

ツルツルの白い歯に変えることにより、歯垢の沈着を抑えることが可能です。今までよりもブラッシング効果が向上しますので、セルフケアやメンテナンスをする上でもメリットがあります。

強度に優れたジルコニアを入れよう

長年にわたって金属歯が使用されてきた理由は、コストが安くて高い強度を維持できるためです。セラミックに金属を組み合わせたメタルボンドという治療法が存在する理由も、金属で強度を補強するためでした。しかし歯科素材の強度が格段に向上した現在では、金属歯を使用しない白い歯が普及しています。

ジルコニアは特に強度が高いのが特徴で、噛み締めることが多い奥歯にも使用されています。オールセラミックと比較しても審美性・強度が優れていますし、メタルボンドよりも汚れが付着しにくいです。また金属アレルギーのリスクがないので、アレルギーに敏感な体質の方におすすめです。

ジルコニアは生体親和性に優れており、安全に白い歯を実現できます。生体親和性といえばインプラントに使用されるチタンも優れていますが、ジルコニアはチタンより汚れが付着しにくい性質があります。人体との相性がよい成分ですから、誰もが安心して使用できるのです。

ジルコニアによる差し歯は自然な白さを実現できるため、口元を一気に若返らせることができます。審美歯科治療による審美効果は非常に高く、美容整形の中でもトップクラスだと言われています。鼻整形をしたり二重施術をしたりするよりも、歯を白くするほうが審美効果は高いわけです。

リーズナブルなハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックとはセラミックとレジンを混合したもので、オールセラミックより価格が安いのが特徴です。レジンは保険で入れられる白い歯として知られており、いわゆるプラスチックのことです。両者の特徴を備えたのがハイブリッドセラミックで、耐久性はそれほど高くありませんが安価というメリットがあります。

また素材が硬すぎないので周辺の歯に傷をつけにくいのも特徴です。もちろん金属は使用していないので、金属アレルギーの心配はありません。ハイブリッドセラミックを入れた方は、毎日のブラッシングを正しく行ってください。

レジンが含まれているので変色しやすく、くすみが発生しやすい特徴があります。歯科素材にはさまざまな種類がありますが、ひとつ言えることは安価なほどデメリットが大きくなることです。白い歯を維持するメンテナンス性を考えると、オールセラミックやジルコニアを入れるのが得策と言えるでしょう。

歯は一生涯にわたって使い続けるので、費用対効果を考えた素材選びをしてください。長期的に綺麗な状態を維持できるなら、価格が高い素材を使用しても元は取れます。

合わせて読む:タバコを吸っていても白い歯になれる?様々なホワイトニング方法

手術なしで白い歯を実現できるのが差し歯

白い歯を実現する方法にはインプラントがありますが、手術を伴うという問題があります。

手術なしで白い歯を手に入れたい方には、差し歯という選択肢がベストでしょう。ブリッジという方法もありますが、周辺の歯を削る必要性があります。また支える歯に大きな負担がかかるので、歯の寿命を縮めることになります。

差し歯なら単独で治療ができますから、例えば前歯4本だけを白くするのもOKです。すべての歯を差し歯にすると高額な費用がかかるので、まずは目立つ部分から変えていきましょう。

よく行われている方法は前歯6本を差し歯に変える方法で、口元が一気に引き締まります。

笑顔になったときに目立つのは前歯の部分なので、見える部分から綺麗にしていくわけです。オールセラミックは非常に高額な治療法でしたが、現在は料金がかなり安くなってきています。治療を希望される方が増えてきたので、需要と供給のバランスが健全化して価格が下がってきたわけです。

現在では1本5万円未満という安さでオールセラミックを入れられる審美歯科が登場しています。